スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)

 ホテル事業を展開する「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と関連会社が5年後の元本保証をうたい、会員制クラブへの入会金名目で預託金を不正集金したとして、警視庁などの合同捜査本部は26日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、同社事務所など関係先の家宅捜索を始めた。捜索先は約90カ所にのぼる見通し。

 出資者は少なくとも5千人超にのぼり、同社は計約200億円の預託金を集めたとみられる。預託金の一部は活動資金として暴力団側に渡った可能性があり、捜査本部は不正資金の実態解明を進める。

 捜索容疑は同社は17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万~1千万円の預託額の元本保証を約束したうえ、岡本ホテルグループのホテルに宿泊できるポイント券(60万~815万円分)を交付。「宿泊に使用しない場合60~75%で買い取る」と宣伝し、首都圏を中心とした5千人超から計約200億円を出資させたとされる。

 捜査関係者によると、預託金の一部は暴力団が関与するヤミ金業者などに流れた疑いがある。解約時のトラブルも複数あり、預託金の募集を始めた当初から、元本保証が確約できるシステムではなかった可能性が高いという。

 「岡本倶楽部」は18年10月、岡本ホテルシステムズの関連会社(東京都)に運営が移管されている。

 岡本ホテルシステムズは昭和62年に不動産会社として設立。平成10年ごろ休眠状態に陥ったが、12年に元会長が経営に参加し、別会社が経営していた施設を買収するなどしてホテルグループを形成。現在は関連会社を含め全国7県で11のホテル経営にかかわっている。

【関連記事】
「岡本ホテル」きょう捜索 出資法違反容疑 200億不正集金か 一部暴力団に流れる?
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕
後藤元組長逆転有罪 武闘派組長から一転、得度、自叙伝も
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題
現場に残った数千万円…絞り込めない犯人像 板橋の資産家夫婦殺害事件1年
虐待が子供に与える「傷」とは?

渋谷の夫殺害、被告の責任能力認める…控訴審(読売新聞)
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題―プロジェクト委調査(時事通信)
渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)
ワクチン接種、22日午前開始=最上位種の牛が陽性―宮崎の口蹄疫(時事通信)
防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕―警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

徳之島、滑走路にも難点…幅不足を米指摘(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が移設先として最終案に盛り込んでいる徳之島空港(鹿児島県・徳之島)の着陸帯の幅などに米国が難色を示していることが、11日分かった。

 政府は普天間のヘリコプター部隊の一部か訓練の移転先や、米軍嘉手納基地の訓練移転先として同空港の活用を想定しているが、米側が沖縄と徳之島の距離(約200キロ・メートル)を理由とした運用上の問題点に加え、技術面の課題も問題視したことで、徳之島移転のハードルはさらに高くなったといえそうだ。

 日米関係筋によると、米側は今月4日の日米外務・防衛当局による実務者協議で着陸帯の幅などを質問し、問題点としてとらえている姿勢を示したという。

 同空港の着陸帯は幅150メートルで日本の航空法では有視界飛行による着陸しか認められない。計器飛行での着陸には300メートル以上必要とされる。

 現状でもヘリコプターの離着陸は可能だというが、米側は運用上、ヘリ部隊のみの移転や訓練移転であっても、移転先の空港は輸送機など航空機の計器飛行による着陸にも対応できる必要があると判断していると見られる。

 米側は同空港の滑走路の強度も、保有する重量のある航空機の離着陸に問題があると見ているという。

 平野官房長官が7日、徳之島の3町長に徳之島空港の滑走路拡張を打診したのも、こうした事情が背景にあると見られる。ただ、政府関係者によると、着陸帯の幅を300メートルに拡張するには空港周辺の沿岸部を埋め立てる必要がある。

 その場合、約8年の工期が見込まれており、普天間飛行場の移設完了は日米両政府が目標としている2014年から大幅に遅れる。

<訃報>佐竹政俊さん85歳=元ブリヂストン専務(毎日新聞)
普天間、月内決着断念へ 政府 米・地元と調整困難(産経新聞)
健康保険料負担も少ない独法職員、29組織で(読売新聞)
深海貝の新種化石発見=進化過程解明に期待-上越教育大(時事通信)
PC転売で4千万円詐取 電気機器開発会社の元社員を逮捕 (産経新聞)

未承認薬検討会 109の未承認薬などについて開発要請へ(産経新聞)

 海外よりも医薬品の承認が遅れる「ドラッグ・ラグ」の解消を目指す厚生労働省の検討会が27日開かれ、患者や学会などから承認の要望があった374の未承認の医薬品などのうち109について、「医療上の必要性が高い」とする評価結果を公表した。これを受け、厚労省は5月にも国内販売への準備が可能な製薬企業に対し、治験などの開始を要請する。国内に該当する会社がない場合は公募する。

 検討会の7つの作業班は374の未承認薬などのうち139について評価を終えた。うち、症状が進行すると脳や神経が破壊され、寝たきりになる難病「ニーマン・ピック病C型」の治療薬「ミグルスタット」や、幼児期に発症し発熱や炎症を繰り返して弱視や進行性の難聴、歩行困難になる難治性疾患「クリオピリン関連周期熱症候群(CAPS)」の治療薬「カナキヌマブ」など、計109の未承認医薬品について「医療上の必要性が高い」と評価した。

 この他、海外でも承認されていない103品目や国内ですでに承認されている3品目については当面、検討対象から外す。検討中の129品目については、「6月をめどに結論を出したい」(厚労省)としている。

 検討会は生命に重大な影響があるなど病気の重篤性や国内に他の治療法がないといった医療上の観点から必要性の可否を判断した。

 CAPSの子供を持ち、これまで検討会を傍聴してきた戸根川理登(りと)さんは(37)は「私たちが必要とする薬がスピーディーに評価されたことはありがたいこと」と話した。

【関連記事】
医療現場にもう一つの時間差「デバイス・ラグ」
374未承認薬、今月末に結論 ドラッグ・ラグで厚労省検討会
繰り返される薬害教訓に 求められる迅速性と安全性
「金の切れ目が命の切れ目」がん患者の苦悩
「薬があるのに使えない」難病に立ち向かう子供たち
「裸の王様」次に座るのは…

女子中学生を書類送検=大麻譲渡で仲介の疑い-兵庫県警(時事通信)
厚労省の医師不足実態調査に協力-日病協(医療介護CBニュース)
長谷川等伯展 来場者が10万人突破 京都国立博物館(毎日新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
<警察庁>初動活動強化へ 全国警察本部担当課長会議行う(毎日新聞)
プロフィール

Author:ばんどうかつおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。